385: 名無しの心子知らず 2013/06/14(金) 13:53:36.00 ID:VCM3q6+A自分は被害を受けてないし、周りにはとても言えない内容だけど絶対に絶対に基地だと思うので書かせて下さい。学生時代の女友達Aは、お互い近い時期に結婚妊娠出産して住んでる地域も近かったのでなんとなく仲 【A旦那は次々に浮気相手を変える。Aはその都度慰謝料請求し、「主婦の臨時ボーナス」扱いなんだって】の続きを読む



    57: 名無しの心子知らず 2012/02/03(金) 19:38:18.51 ID:kg1vnGAhトメが恵方巻き持って来た。一応アポはあり(直前だが)、子ども達が昼寝中だったので「起こすと悪いから」と玄関先で帰って行った。これだけ見ると超良トメだけど…子ども達は卵アレルギーなんだよね。しかも 【トメに恵方巻きをもらった。アポもあって昼寝中の子を起こさず帰ってくれたが…】の続きを読む



    564:恋人は名無しさん2009/01/13(火) 23:56:15 ID:hNMeFkyQ0離婚して独身者なのでこちらに書かせてもらいます。 お話の時期 平成になったばかりの頃 場所 当時俺が住んでいたマンション、警察署、その他 登場人物 俺 元嫁 間男 元嫁のお父さん その他諸々(お巡りさんなど)5 【嫁父と一緒に家に帰宅したら、嫁がベッドの上で男とプロレスしていた】の続きを読む



    414: 名無しの浮気者 2011/12/10(土) 18:54:08.13 【自分】27男 【相手】28女 【年数】1年10ヵ月 【子供】無し 【相談内容】 現在別居中、3ヵ月になりました。特別な原因はないものの過去に3回程喧嘩の末離婚届を準備された事あり。今回自分気持ちが切れている事に気付き 【現在別居中で特別な原因はないものの3回程喧嘩の末離婚届を準備された事があって私にも好きな人ができたので筋を通したい】の続きを読む



    995: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2012/03/24(土) 00:07:50.22 あー疲れたよ。。。 まじでわけわからんし。 嫁さん好きかどうか微妙な感じでただ7歳と5歳のチビを考えたら中々ね離婚に踏み出せないよ。 現在は、嫁さんにばれてないが彼女もいるしさてどうしたもんかな 【嫁さん好きかどうか微妙な感じで今は彼女もいるしさてどうしたもんかな】の続きを読む



    603: 名無しさん@おーぷん 2015/07/03(金)16:13:57 ID:9Yl旦那の不倫が発覚。怒りが冷めると同時に愛情も冷め切ったので旦那有責で離婚。不倫相手からも些少ながら慰謝料をいただいた。二人からは散々文句言われたよ、やれ「そういう可愛げがないところが嫌なんだよ」だの「 【旦那の不倫が発覚し旦那有責で離婚したら、二人から文句を言われた。離婚して半年後、元旦那のアドレスから「なめたけのレシピ教えて」とメールが・・・】の続きを読む



    580: 名無しさん@HOME 2015/03/29(日) 10:24:00.30 0.net兄弟全員実家を出て就職してるんだが、唯一結婚していなかった妹(三十路)から結婚の報告があり家族全員お祝いムード半ば諦めてた両親の喜びはひとしおで、早速相手の実家に挨拶に行かなきゃだとか気の早い騒ぎに 【妹から結婚の報告があったんだが話が進まない事に業を煮やした両親が家に訪問した結果】の続きを読む



    553: 名無しの浮気者 2010/07/18(日) 17:48:44 0 従兄弟が嫁さん妊娠中に社内不倫。プリも妊娠させちゃって二人揃って退職。 嫁さんと離婚→プリと結婚。後妻になった元プリ、その後3人産んで家庭円満をアピール。同居のジジババ(俺からは伯父伯母)「前の嫁は最低だった 【従兄弟が不倫相手と結婚した。その後、俺の結婚が決まった時の伯母の言葉が衝撃www】の続きを読む



    287: 名無しさん@HOME 2011/06/16 16:27:54愚痴こぼさせてください。長文な上に読みづらいかもorz私にはかなり歳の離れた兄がいる。兄嫁は某地方都市出身で、家はそこに比べたらかなり田舎。おととし、兄の転勤をきっかけに敷地内別居を始めた。始めの半年くらいは仲良 【都会出身の兄嫁はうちの田舎の文句しか言わないので避けるようにしてた】の続きを読む



    74: 名無しさん@おーぷん 2015/02/14(土)15:37:48 ID:8YV数年前、マンションの玄関ポストに封書が入っていた。ワープロ打ちで「奥さまへ」とあり、差出人はない。封はしてあるけど事務封筒ではなく白い封筒だったのでダイレクトメールでもないっぽい。なんか変なのと思いつ 【「あなたのご主人の浮気について話したいことがあります」と書かれた手紙】の続きを読む

    このページのトップヘ