466: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2010/05/06(木) 11:15:39 ID:wPmQCc/oA子、B子、C男は共通の友人で、B子とC男は付き合っている。ある日B子からC男の愚痴を聞かされた。その内容がちょっとアレでC男ひどいな…と思ったが、それ以上にA子が「C男は最低!信じられない! 【B子が共通の友人である彼C男と喧嘩し愚痴を言ってきた時はB子全面擁護してたAが実際C男に話を聞いた後手のひら返した】の続きを読む



    223:名無しさんといつまでも一緒2007/01/29(月) 10:38:34 0ちょっと静かなんで友達の会社の上司に起こった話を投下。 1年くらい前の話な。 また聞きなんで推測で書いてる所は理解してくれ。 友達会社上司=旦那さん(40) 妻(38くらい) 旦那さんと妻は共通の友人がきっかけで 【妻の死後に発覚した浮気。夫は妻に申し訳ないと思った。死んでからも好きでもない自分といるのは可哀想だ。魂は好きな人の所へと、遺骨をそのウワキ相手の家へ持って行った。】の続きを読む



    626: 愛と死の名無しさん 2011/01/19(水) 22:28:32式場でバイトしてた頃の話新婦さんと仲人さんが不倫関係、当日式場でイチャイチャしていたところを見つかり発覚式は強行されたが披露宴は新郎新婦が体調不良ということで途中退場して後はお食事会という形になる招待された方 【式場でバイトしてる時新婦と仲人がフリン関係で当日逢瀬がバレ破談お食事になった不幸な式】の続きを読む



    44: 名無しさんといつまでも一緒 2010/09/15(水) 16:39:09 i ■相談です■ 当方男。婚約済みの20代カップル。 遠距離恋愛も4年となり、来年には結婚しようか、という関係でした。 昨日彼女の実家に泊りに行ったのですが、その途中元カレからメールが。内容は何でもない事だ 【遠距離恋愛4年目で来年には結婚しようとした矢先、彼女の上司(妻子持ち)との不倫メールを見てしまった】の続きを読む



    145: 名無しさん@HOME 2012/04/20(金) 00:36:37.20 0夜中に母の絶叫。トイレに12、3歳の男の子がうずくまっていた。下着が目的で(うちは三人姉妹)トイレの窓から侵入したらしい。「逃がして下さい」と顔を隠しながら言うので、母はさっさと行きなさい!と玄関から 【恐怖!トイレにうずくまる少年】の続きを読む



    41: 名無しの心子知らず 2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:bdS0+hsp10ヶ月の娘をベビーカーに乗せて買い物に行った。商品を見ていたらいつのまにか3,4歳の男の子がやって来て娘の足を触り始めた。近くに親がいたみたいだから注意するのかと思いきや、「○○君、こっちおいで~ 【出先で娘が知らない男児に足触られた…守れなくてごめんよ娘。】の続きを読む



    662: 名無しさん@HOME 2013/08/24(土) 17:25:38.13 P義弟嫁が相談女すぎてドン引きしてる義弟と付き合うようになった経緯も、彼女持ち義弟に相談してたらいつの間にか寝とってたらしいウトにも相談相談相談で気に入られて、トメには嫌われてるで、何故か私達夫婦に関し 【ウトも取り込み済の相談女な義弟嫁がなぜか夫でなく私に粘着してる】の続きを読む



    265: 名無しさん@おーぷん 2015/10/17(土)09:43:32 ID:Ar4去年忘年会のビンゴで所謂工口グッズ押し付けられたんだよね。TENGA。男しかいない職場だし、まぁいいんだけど、使うのもアレだし捨てるのも処分に困って部屋に隠してたけど嫁に昨晩見つかった。「いやー、保存 【去年の忘年会で押し付けられたアレを嫁に見つかって今それが床の間に飾られてる】の続きを読む



    130: 名無しさんといつまでも一緒 2010/09/24(金) 21:19:23 0 「■相談です■」 自分:毒男(30) 先月付で退職した無職 資格試験勉強中    イナイ歴=年齢 相手:鬼女(31)    初恋の人 中学の先輩で,最近15年ぶりに既婚を承知で再会 結論:縁を切りたい 再会して 【中学の先輩鬼女と再会しメールを続けて告白したらメールすることに拘束感を覚えイライラしていたらmixiに批判記事を投稿された】の続きを読む



    654: 離婚さんいらっしゃい 2014/05/10(土) 03:32:17.26 .netもう使われて無い様なので勝手に書き殴って逃げるわゴメンね1年前ダンナが浮気してると確信した駄菓子菓子完全に勘違いだった自分が人間嫌いなダンナに何故か惚れあの手この手を使い結婚するまで5年子宝にも恵まれ 【旦那が浮気してると確信し離婚したが完全に勘違いだった】の続きを読む

    このページのトップヘ