img

404: 名無しさん@おーぷん 2014/11/20(木)12:11:14 ID:ihZmCXwtw



十年近く前に正月にあった事。

差別的な話注意。



正月に曾祖母宅に親戚一同が集まった。A家長男が結婚することになってお嫁さんを連れてくるという話だった。

A家は旦那が高学歴で、その妻(伯母)もなかなか頭がいい。長男はアメリカに留学し向こうで就職という親戚一の出世頭なため

皆どんなお嫁さんを連れてくるか楽しみにしていた。

A家が来て、A長男お嫁さんを紹介。彼女はアフリカ系アメリカ人、つまり日本で俗に言うところの黒人女性だった。

顔が超小さくて超足が長く、お尻が信じられないほど高い位置にあった。肌は真っ黒でなくコーヒー色。




黄色っぽいスーツを着てたような記憶がある。日本人には着こなせない色だなと思ったのを覚えている。

裕福な家のお嬢さんで、A長男よりさらに高学歴だそうだった。

しかしなぜか関係ないはずのB家伯母が文句をつけはじめた。

「家の血に黒人が入るなんて恥」だの「いい大学出て、なんでよりによってつかまえたのが黒なの」とかそりゃもうひどい言い草。

B家の子供たちが止めるが、B伯父も「白人なら文句なかったのになー」とか言って止めない。

C家旦那が「あんたの方がよっぽど日本の恥だ」と怒るとB伯母ヒートアップ。

そこでD伯父がB伯母に味方し「いきなり黒人を連れてこられたら姉ちゃんが困惑するのは当然」と言い出し、

女房に「あんたまで何言ってんの!」と怒鳴られる。

B家の娘が伯母を引きずり出そうとするが、B伯母止まらず「アフリカ人なんて葬式にも呼べない。いきなり踊り出しそう」とわめく。

(アフリカンアメリカンと、アフリカ人の区別がついてないらしい)

ここでA家が静かにキレて退席。曾祖母に挨拶だけして、お嫁さんを連れて玄関へ。

B家子供たち、C夫妻、D嫁とD子供たち、以下EFG家でお見送りして平謝りした。

お嫁さんは「珍しいことじゃありません」と言ってくれたがやはり悲しそうだった。



その後B家は子供たちが親に「愛想がつきた」と宣言し、それまでも色々やらかしてたらしく親子が半絶縁状態になった。

B伯母は妹であるC伯母になぜか八つ当たりし、ここも断絶。

D伯父はシスコン気味でB伯母の味方ばかりしていたらしく、数年後離婚された。

E長男は「でもやっぱり女は白人じゃないと」と帰宅して発言し、そこからロシアパブ通いと借金がばれ家を追い出された。

わずか20分程度で、親戚のいくつかの家が離婚やら勘当やらになった修羅場だった。



405: 名無しさん@おーぷん 2014/11/20(木)12:20:45 ID:yNZhTJHpG



>E長男「でもやっぱり女は白人じゃないと」と帰宅して発言し、そこからロシアパブ通いと借金がばれ家を追い出された。



ちょっとワロタ



引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その6】