img




505:名無しさん@おーぷん2015/08/06(木)18:34:27 ID:hyP

昨年中途で入った会社は女性の権利をとても大切にしてくれていて、産休・育休が取得しやすいだけじゃなく、

短時間勤務とか在宅勤務制度とかとにかく充実しているので、子供を産んだ女性のほぼ全員が復職する。

(退職したのは、生まれた子供に病気が見つかって~とかそういうパターンだけしかいないらしい)

それはとてもいいことなんだけど、子持ち女性のほとんどが母親マンセー子供マンセー育児マンセーって感じで付き合いにくい。


うちは、私も夫も子供が苦手&夫の身内に遺伝性の病気の人が複数いるので、夫婦で話し合って選択小梨なんだけど




周囲の女性から「早く子供作ったほうがいいよ!」「育児楽しいよ!」「子供可愛いよ!」「若いうちに産みなよ!」と

どこぞの姑かというくらいに小梅攻撃がすごくてうんざりする。

だから小梨の理由は周囲には内緒にしてて、単に「授かりものだからねぇ、いつかコウノトリがくるといいねぇ」

ってかわしてるんだけど、それでも「○○クリニックは不妊治療に実績があるよ」「○○神社は子宝のご利益あるよ」

なんていらないパンフレットやらを大量に押し付けられてウヘアってなる。

しかも小梅攻撃してくるのは1人2人じゃなくて、子持ちの女性社員がほぼ全員こんな感じに脳内お花畑になってる。


そのために小梨社員はなんとなく肩身が狭くなってて、先日も1人退職が決まった。

その人はご主人と年の差が大きいので子作りはしないって決めてたそうなんだけど、あまりにしつこい小梅攻撃に参ってしまって

うっかり小梨の理由を口にしてしまったらしく(←これは私が入社前の話)、それ以来、意識改革を!って感じでしつこく

子供や育児の語られて、「できるのに作らないのは悪いこと!」と責められて、あっという間に病んで休職→退職ということに。


小梨社員同士で協力できればいいんだが、これまでも何人もの小梨女性が妊娠→出産を経て、周囲の影響を受けてしまい

脳内お花畑の小梅BBAに変貌してしまったのを見ているので、小梨同士でも「いざとなったらこいつも変わるんじゃないの?」と

互いに警戒心を抱いてしまって、いまいち距離を縮められないでいる。


確かに、子供を産み育ててる人はすごいし、すごく尊い命の営みだとは思うよ。

だけど子供を産むのも育てるのも、夫婦が自分たちで決めていいことだと思うんだよ。

生き物としては失格なのかもしれないけどさ。

社内に「子供を産める体なのに作らないのは種族に対する罪だ!」というような思想に染まった人が多すぎてうんざりする。

福利厚生がしっかりした会社だと思ったのに、正直失敗したと思ってる。

だけど1年未満ではっきりした理由もないのに転職したら、次に響くだろうなと思うとなかなか踏ん切りがつかないよ。

506: 名無しさん@おーぷん 2015/08/06(木)18:37:34 ID:hyP

ちなみに、なんらかの宗教的なアレというわけではないよ。

子作り以外の体の関係は認めん!というのでもないし。


単に、大事にされすぎた子持ち女性が増長したんじゃないかってのがうちの夫の見解。

なるほど、と思うところがたくさんある。

引用元: ・その神経が分からん!その10