img
910: 名無しさん@HOME 2012/02/14(火) 05:35:42.33 0
数年前父が亡くなり、諸手続きのため父の戸籍を取った。
そしたら三男だと思ってた父が何故か四男と書かれてた。
ずっと、すぐ上の兄が次男で父が三男だと聞いてたし
三兄弟それぞれ一郎二郎みたいに順番通りの漢数字が入った名前。
確かに長男と次男(戸籍上の三男)の間は随分年があいてたけど、
長男が幼い頃先妻死亡、私の父達は後妻が来てからできたので疑問はなかった。
本当の次男の存在は存命中の父も兄達も一言も言わなかったし、
母も聞いたことがなかった。
見たことない名前の次男は、書かれた年から推察すると
父のすぐ上の兄が生まれる前に亡くなったらしい。


父実家は田舎の旧家で、百年を超えるご先祖の法要もやってる。
結婚で別に家を構えた父の法事はうちでやるけど、
長男や、成人したが結婚する前の若いうち亡くなった次男(戸籍上の三男)の
法要はあるのに、仏様としては兄弟中で一番古い戸籍上の次男のは
法要も墓碑も何もない。
末っ子の父が亡くなった時点で兄達は既に全員亡く、実家は長男の息子の代、
菩提寺住職は孫の代、分家の人達も当時を知る世代は亡くなるかぼけたかで
聞けないでいたら、祖父の代に奉公人として住み込んでた
ご老人から法事の時話を聞けた。

911: 名無しさん@HOME 2012/02/14(火) 05:38:59.84 0
先妻は死んだのではなく離婚して実家に帰されたそう。
戸籍上の次男は祖父との間の子ではなかった。
生まれた時はわからず次男として届けたけど、病弱な子で
治療中に血液型を調べることがあってわかったらしい。
なので子供達を残して実家に帰した。
不義の子の次男を祖父が育てる義理もなかったけど、離婚理由が不義密通じゃ
外聞が悪いので何か他の表向きの理由で離婚して、そういう場合
ことに男児は婚家に残して嫁だけ出て行くのが常だったから。
次男とともに追い出すと、不義密通バレバレで体裁が悪い。
その子は幼くして亡くなり、後妻をもらってできたのがすぐ上の兄と父だと。
三男に二、四男に三の入る名前をつけたのは祖父。
次男はいなかったものとしたかったのかな。
他の男の子を息子だと思わされた怒りやら恥辱やら
色々思うところはあるだろうけど、悪いのは先妻であって次男じゃない。
幼いうち死んでるから相続問題なんかもなかったし。
と思うのは、自分が当事者じゃなく一歩離れたとこから見てるからなのかな。
何十年も顧みられず法要どころか存在すらなかったことになってる
幻の伯父さんの遺骨は今どこにあるんだろう。
元奉公人さんもそこまでは知らなかった。

912: 名無しさん@HOME 2012/02/14(火) 10:28:13.90 0
胸にぐっとくる秘密だわ。
名もない幼くして無くなった方の冥福を祈りたい。

引用元: ● 大人になってから知った家族の秘密 15 ●