復讐・仕返し



    778: 名無しさん@おーぷん 2014/07/15(火)14:40:31 ID:ky7Jt1GGR 旦那の母親の介護をしてるのに浮気をされていたので、離婚する気のない旦那と離婚して、無一文にしてやった。ついでに不倫女から慰謝料をもらい、旦那の母親も捨ててやった。無職、家なし、ばばあ付なので 【旦那母の介護をしてるのに浮気をされていたので離婚する気のない旦那を無一文・無職・家なし・ばばぁ付きで離婚してやった。不倫女には会社に慰謝料請求の内容証明を送って差し上げた】の続きを読む



    960: 名無しさん@おーぷん 2015/09/27(日)20:03:41 ID:Ggw 結婚22年目にして、夫が浮気。というか夫いわく「本気の、人生最大の恋」。当時夫47歳。私41歳。子供は16と13。夫はそれまでとても真面目な人で、お酒は飲みますが、賭け事もせず仕事も皆勤の人でした。それが「 【結婚22年目にして夫が浮気。夫いわく「本気の、人生最大の恋」。】の続きを読む



    534: 名無しさん@おーぷん 2016/03/05(土)00:47:37 ID:zQO義姉(兄嫁)になんかチビチビとした嫌がらせを受けてた。すれ違いざまに嫌味言われるとか、手土産のお菓子を私の分だけ人数分から省いたり、本当に些細なことだったのであんまり気にしないことにしていた。私は実家暮 【義姉に嫌がらせを受けていたんだが、兄との披露宴の時に復讐してやった】の続きを読む



    631:恋人は名無しさん2012/06/05(火) 12:17:45.29ID:iBqJ3x1ki流れ豚切りごめんなさい。携帯見たらほかの女の子と付き合う前の良い感じになってた。女の子の連絡先は控えたけど、自分でも何したいのかよく分かってないし、怖いとも思う。今度の週末に浮気現場に偶然を装って 【浮気現場に偶然を装って突入】の続きを読む



    537: 名無しさん@HOME 2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN 0何か報告なくなったぽいから私の元コトメへのDQN返し書かせてもらいますね以下、コトメやウトメなどの単語には全て元が付くのであしからずコトメは引きこもりニート。旦那と付き合ってしばらくした後、義実家にお邪魔 【結婚直前まで存在を隠されてた暴力ヒキコトメ。関わらせない約束だったのに奴隷させられ私はキレた】の続きを読む



    838: 名無しさん@HOME 2010/11/30(火) 15:14:39 0すみません、結果的にDQになりました。娘が生まれてから、テンプレ通りのことをやってくれたクソトメ。それだけならまだしも、私には結婚前から飼っているブルテリアという犬がいる。見た目は一見、ブサイクだが私にはそ 【うちの犬に「早く保健所に持っていけ。」「何このブサイク。気持ち悪い。」とか言ってくれたクソトメ】の続きを読む



    652: 名無しさん@HOME 2011/07/22(金) 02:43:50.34 Oトメが糞でテンプレに近いイビリをする。(私にだけ残り物別メニューを食事に出す・etc)先日トメが訪問して来たときに丁度息子泣いていたのを発見するやいなや「あらあら虐待でもしたのかしら?」とニヤつきながら寄っ 【嫁いびりトメを見て「婆ちゃん嫌い!」と大泣きする私息子。理由はある絵を見た息子と私の会話】の続きを読む



    841: 名無しさん@HOME 2012/11/13(火) 17:38:06.08 0義実家は長男教なので、ウトメは夫に関心が全く無い。その妻である私にも、うちの子達にも無関心。数年前、トメの激しい干渉と束縛と嫉妬によって、今まで結婚が出来なかった義兄(長男)に、ようやくトメの御眼鏡に 【溺愛の長男に逃げられ今まで無関心だったうちにすり寄ってきたウトメ】の続きを読む



    529: 本当にあった怖い名無し 2013/10/14(月) 01:29:36.46 ID:s7Cm127i0 自分の友人から又聞きした復讐話 友人は5年前に教師になった。その友人が先輩教師から聞いた話。 先輩教師の人が言うには10年以上前の話だそうだ。 友人の先輩教師の同僚の人(Aとします)の奥さん 【不倫・托卵・貯金の使い込みをした挙句、離婚の際に浮気・DVをでっち上げて慰謝料を要求した嫁にした復讐】の続きを読む



    718: sage 2015/04/24(金)22:44:44 ID:dnw なんかちょっと荒れてるけど流れ読まずに。無駄に長い上に大したことない、復習というよりお仕置き。登場人物私子 偏差値50のごく普通の高校2年M美 同じ部活の同級生で1年の時から仲良しだった(過去形)T男 部活のOBで専門学 【初恋の相手を友人がサラっと持っていった。その後…。】の続きを読む

    このページのトップヘ