因果応報



    405: ◆j5T2U.uemA 2011/05/04(水) 21:42:16.23 O きたきたー 黒く染まる夜は 膝を抱えて 君といた日を思い返すよ。 きっと僕たちは幼すぎて 愛の意味が解らなかったんだね。 この胸につのった幾重の思い出さえ 音もなく溶けていくようだよ。 もう一度あの時の二人に戻れ 【旦那の不倫相手が妊娠して離婚したんだけど、不倫相手が生んだ子が黒人寄りのハーフだったwww】の続きを読む



    17: 名無しさんといつまでも一緒 2012/06/14(木) 15:36:32.97 0ちなみに俺のツレの女房の話なんだけど、W不倫で最終的には旦那と子供を捨てて不倫相手と一緒になったんだよなんでも、「本当の愛を知ってしまった、旦那(俺のツレ)も子供も今となっては障害でしかない、あの人 【「本当の愛を知ってしまった、旦那も子供も今となっては障害でしかない、あの人と添い遂げる」だって】の続きを読む



    105: 可愛い奥様 2010/12/10(金) 15:46:52 ID:wyDSBZUNOうちの同居姑wうちの姑は好き嫌いが多いのを理由になんだかんだといちゃもんつけて人の料理を食べたがらない。例えば玉ねぎは炒めたのしか食べたくないのかサラダにして出すと『玉ねぎは嫌いじゃないけど水にさらすと 【好き嫌いが多い癖に私の料理を詰る姑に因果応報きたwww】の続きを読む



    172: 反省中 ◆Cp/HCe3tQg 2015/12/21(月) 23:04:41.01 .net 【相談用テンプレ】 ◆現在の状況 離婚もしくは期限なし別居を切り出された 年末から妻は実家に娘を連れて帰るとの事 ◆最終的にどうしたいか また仲良くやりたい ◆相談者 36才、リーマン、800万円 ◆嫁 32才 【何回言われてもシャワーも浴びず歯磨きもしてなかったら離婚の危機】の続きを読む



    255: 名無しさん@おーぷん 2014/09/20(土)02:26:01 ID:tnHK3QnnM 自業自得な気もするけど、でも俺が悪かったのか?って思いも拭えない話を吐き捨てる。学生時代も就職してからも、身近に女性が少ない環境だった。結婚願望はあったけど、30歳になったらお見合いでもすれば 【婚約者の姉が昔週1ペースで指名してた泡姫だったwwwww】の続きを読む



    1: 1 03/04/02 20:046年前に、友達の結婚式で旦那と出会いました。そのころ旦那は既婚、私は独身でした。旦那は既に奥さんと上手くいってなくて、私との不倫が始まりました。私と付き合い始めて間も無く、離婚が成立しました。それから5年の交際を経て昨年結婚しました。 【不倫の末結婚したけど、いつも「心ここにあらず」って感じの旦那。先日ついに、旦那に離婚を切り出されました】の続きを読む



    199: 名無しさん@おーぷん 2015/01/21(水)20:20:07 ID:zNUもう、30年も昔のことです。当時、私二股してました。私:22歳の頃。A男:年下。ハタチ前でまだまだやんちゃな盛りでわがまま放題、社会人としては半人前。入社2年目で給料も少ない。B男:一回り以上年上で30代後半 【子供も出来て十数年、旦那が仕事のストレスで荒れてきた。浮気はするし、夫婦仲も急速に悪化。私も浮気に走った】の続きを読む



    842: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/04/15(月) 21:32:25.71 ID:UB/TsXjP続行中の修羅場だが中学の時、デブだからって俺と親友Aを声と態度で虐めてくれていた女子グループのリーダーと腰巾着その他数名が40代になった今でも独身のまんま俺は何故か昔っから他人か 【友人が自ら命を絶つまでイジメた女子グループの末路】の続きを読む



    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/18(土) 10:02:56.154 ID:edBORahCp.net あああああああああああああああああ 5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/04/18(土) 10:05:07.314 ID:VLgHj+r30.net 彼女からどんどんメッセージくる 壊しまくってる 6 【浮気バレて彼女がパソコン壊しまくってるwwww助けてwwwwwwww】の続きを読む



    265: 可愛い奥様 2011/02/17 20:32:53 ID:RI1o7nhaPちょっと吐き出し。うちの母の悪口をずっと言い続けていた近所のお婆さん、かなり進行した状態の癌が見つかったそうだ。手術はするみたいだけど、余命はもう長くないかもしれない。そのお婆さんは若い時に夫を亡くし、母子 【うちの母の根も葉もない悪口を言い続けた婆に訪れた因果応報】の続きを読む

    このページのトップヘ