バカ



    400: 離婚さんいらっしゃい 2009/10/01(木) 11:00:54 今日別れた夫に会いに行く。 情けないけど借金の申し込み。 不倫して、離婚してまで結婚した今の夫は会社をリストラされ、いつの間にか借金を作ってた。 私も働いているけど、日々の暮らしがやっと。 実家は勘 【不倫して離婚してまで結婚した今の夫がリストラされたので今日別れた夫に借金の申し込みにいきます】の続きを読む



    29: 可愛い奥様 2008/04/04(金) 23:24:03 ID:yjkLVxCr0 うちの旦那 キャバにハマり お気にが店変わったら嘘までついて わざわざ電車で1時間半も掛かる店まで お気にに会いに行ってたのが発覚。 私は 自分の親が生死に係わる病気になり 落ち込んでるのに・・・。 【旦那がキャバ嬢にハマり自分の親が生死に係る病気で落ち込んでいるのに同伴・プレゼント・延長までしていた】の続きを読む



    452: ◆HBbXmC44e1mP 2011/02/21(月) 13:37:45.85 O 先週金曜にきたロミオ?なメール 件名:ご無沙汰してます 本文: お前がいなくなってから三年たちました。 元気に過ごしてるみたいで安心してます。 こちらは君がいなく、一人が寂しいものだと身に染みて寂しいです。 【不倫相手に子供置いて逃げられた元夫からメールきた。要約すると「冷蔵庫壊れたから新しいの買って」以外の要件が見当たらないwww】の続きを読む



    279:名無しさん@鬼女たちと...\(^O^)/2015/06/07(日)05:12:16 ID:Wl1元彼の冷め話、フェイクあるので変な箇所あったらごめん 私が大学生の時付き合っていたのは、バイト先にいた3つ上の先輩だった。 新人の私に優しくしてくれて仕事も丁寧に教えてくれて頼り甲斐のある人 【大人な3つ上の先輩に猛アタック。半年くらいすると私に甘えるというか赤ちゃんみたいになった。】の続きを読む



    645:名無しさん@おーぷん2014/11/02(日)11:20:18ID:bLkyUlKTa数年前、同じ課にAというやつがいた。 こいつが酔うと必ず「俺は女にモテる」という自慢話をする。 それがまた、明らかに嘘とわかる内容で、展開もいつも同じ。 女に一方的に惚れられて追いかけ回され、結婚して 【酔うと必ず「俺は女にモテる」という自慢話をする男が周りの女をターゲットにし始めセクハラで退職になった】の続きを読む



    853: 名無しさん@おーぷん 2015/08/13(木)14:32:08 ID:Jua大田区の多摩川沿いに住んでる同僚Aは自分ちを都心だと思ってる。のどかな良いところだとは思うだけど都心ではないだろ…引っ越し予定の人が「狭くても良いから都心に行こうかな」と言ったら、身を乗り出して「いい 【大田区が都心だと思ってる同僚の話】の続きを読む



    175:名無しさん@おーぷん2015/06/13(土)10:43:17 ID:Ypb現在2歳の子をもつシングルマザーです。 旦那とは離婚していて、養育費無しで母娘で暮らしています。 離婚理由は子供の名付け。旦那は子供の性別が女だという事が嫌で仕方がなく、孕んでしまったのは仕方がない。ころ 【旦那「女が生まれてくるなんて…殺すのは可哀想だから生ませてやる!ただし、名前は「ヒロト」だからな!!」】の続きを読む



    93:1/52008/10/31(金) 13:26:49誰もいないようだし、暇つぶしになれば。 長くなるんで長文嫌いな人は飛ばしてほしい。 昔住んでた場所の近所に、あたりでも有名な複雑な家族構成の家があった。 場所が都市部なんで若干希薄な近所づきあいのためか 誰も正確な家族構成は把握し 【基地の住む家の近所に10年間住んでいた時の話】の続きを読む



    484:名無しさん@おーぷん2015/08/06(木)00:37:15 ID:Xzk先週あった合コンでの話なんだけど… ちなみに合コンは4対4で自分は男です。 自己紹介で、自分の名前となんて呼んで欲しいか順々に言ったのね。 女性の番になって、最初2人は「タナカマリコです、友達にはマリコとかマ 【「佐藤です。シュガーって呼んでください^^」 男なんだが合コン行ったらこんなのが半分居た】の続きを読む



    952:名無しさん@おーぷん2015/02/06(金)19:46:51 ID:pUu駅近くの雑貨屋で働いていた時の話。ある平日、夕方から雨が降ってきた。 雑貨屋だったから店頭に商品の傘を陳列していたらアラフォーぐらいの主婦二人が飛び込んできた。 そのうちの一人が私に「今日、店長いる?」っ 【雑貨屋で働いていたある日、前の従業員が「不良品か客の忘れた傘頂戴♪」と店にやってきたんだが】の続きを読む

    このページのトップヘ